英検取得のメリット

なぜ英検を取得するべきなのか?

英検は50年以上の歴史があり、2019年度には志願者が約392万人、400万人超えも時間の問題です。
「聞く・話す・読む・書く」の4技能の実用的な英語力をはかる検定、運営母体が公益財団法人であり利益よりも教育的意義を優先しているのが他の検定と大きく違います。英検の資格取得には、4つのメリットがあります。             

英検取得の4つのメリット

英検の資格取得には、お子さまの将来に役立つ「4つのメリット」があります。

1.英語への興味・モチベーションを高める

英検取得の最大のメリットは「英語への興味・モチベーションをUPできる」という点です。
TOEIC®のようにビジネス英語に偏りすぎていませんし、TOEFL®のようにアカデミック英語に偏りすぎていることもありません。

知識的なバックグラウンドが少ない小学生から、無理なくスモールステップで英語力UPに取り組めるが「英検」ならではの魅力です。
「英語への興味・モチベーションを高めたい」「ステップアップの喜びを味わわせたい」という場合には、英検を選びましょう。

2.一生モノの資格-受験や就職に有利

英検を取得することで、受検や就職において有利に働きます。
具体的には以下の4点です。

  • 中学受験・大学入試の優遇措置(加点)が受けられる
  • 大学で単位に認定される(一部授業の免除)
  • 400以上の海外大学で語学力の証明に使える
  • 就職(新卒採用や転職)の際に、アピールポイントになる

また、英検はTOEFL®のように「2年で資格が失効する」ということはありません。
一度、取得したら、英語力を証明する「一生ものの資格」になります。
「お子さまの可能性を最大限広げておきたい」という場合には、英検を受験しましょう。

3.幅広いシーンで活用できる英語力が身につく

英検は、学習レベル別に7つの級が用意されています。
そのため、日常シーンからアカデミック、ビジネスシーンに至るまで「幅広いシーン」で使える英語力が自然と身についていきます。

「使える英語力をステップアップで身につけさせたい」「小学生のうちから積極的に英語に親しませたい」と考えるならば、英検受験にチャレンジしましょう。

4.英語力を可視化できる

2016年度からは「5級~1級」による英語力の証明に加えて、国際標準規格CEFRに準拠した「英検CSEスコア」も導入されたため、4技能(読む・聞く・話す・書く)の各レベルを細かく測定できるようになりました。

その結果、「得意なこと・ニガテなこと」がクリアになり「学習計画」や「目標設定」がしやすくなりました。
「総合的な英語力をステップバイステップで高めていきたい」という場合には、英検を受検しましょう。

当スクールは準会場に指定されています。
当スクールで検定受験ご希望の方、メールにてお申込みください。